「最高の休息」オルセー美術館

(お気に入りのミレの絵)さて、チュイルリー公園付近にあるもう一つの世界的な美術館がオルセー美術館です。モネを含む印象派、ヴァンゴッホ、ミレや彫刻が数知れず並ぶのも見事です。 (印象派の階) 特に1階スペースには座れるところ凄く多くがあり、世界的な美術品を眺めては座り眺めては座りして時間を過ごしていられるのは、何とも言えず爽快感はない…
コメント:0

続きを読むread more

「レオナルドの最後まで持ち歩いた3枚」ルーヴル美術館より

さて、1月1本のペースなのに、驚くくらいのアクセスがあったこのブログ、9月のフォークジャンボリーのあと、急激にアクセス数が減って、変だなとの違和感がやっとこのブログから抜けたようで、本来に戻れて、嬉しい限りで。 さてこうなるとお気に入りのものをと、小学校の頃、連夜レオナルドダヴィンチの生涯の特集番組があって、凄くひかれたせいもあり、ル…
コメント:0

続きを読むread more

水辺オランジュリーにあり(オランジュリー美術館)

毎年競馬観戦のためにパリにはいくのだけれど、もう一つの楽しみはオランジュリー美術館。モネの大きな睡蓮の絵は、ホワーっと感動させてくれて、2時間は過ごせて、とても良い場所です。 ミュージアムパスを割高になるけれどまず空港の出たところで買っておくと、オランジュリー美術館、ルーブル美術館は、入り口が最初から分かれているので、見せるだ…
コメント:0

続きを読むread more

「いろんな国からこんにちは」ラグビーワールドカップ日本2019にて

(宿を取った府中のパブリックビューイング、そういや東芝府中でラグビーの街だったと)50代後半の私にとって10代の頃はラグビー花盛り、サッカーのキリンカップで日本代表がカズを中心に有名なクラブチームを撃破した時だって、扱いは、スポーツ雑誌ナンバーで大学ラグビーの記事がデンと半分以上を占めている、つまりそれだけ人気があったスポーツだった。あ…
コメント:0

続きを読むread more

「平和と自由なんて素敵な響きなんだろう」フォークジャンボリーへ

8月31日京都でピースナインと言っていたのがピースライヴとなっていてそれに何年振りかで。9月1日中津川の坂下のはなの湖でのフォークジャンボリー50周年コンサートへ。60歳手前の私、でも観客はフォークソングのコンサートとあって年上大多数で。変な感じではありました。 31日、出てくる人高石さん以外がみんなインカムみたいなマイク、楽器にマイ…
コメント:0

続きを読むread more

「トゥリーライン」マテウス指揮サイトウキネン(悲愴、ハフナーなど)

さて、性懲りもなくまた松本へ、音楽祭に通い始めて25年目、テント村、冬の公演、音楽祭、その他も含めると合計日数は1年を超えて、松本駅に入る前のアルピコのバス置き場とかが見えてくると旅の緊張感がなくなっていく感じでいつも松本駅に降りるようにいつの間にかなってしまったと。 高速休日1000円の時は来るまで片道5時間を往復したことはあるけれ…
コメント:0

続きを読むread more

「叫びあるところ人あり」ルイージ指揮サイトウキネンオーケストラ「マーラー1番交響曲」など

(ロビー展より)さて、8月23日、24日と再び松本へ。行きは18きっぷで地元の滋賀から中津川まで普通で行き、塩尻まで特急で、再び普通で松本へのルートで毎年のように。17時ころに駅前のホテルに荷物を置いて、バスで19時からのオーケストラコンサートに向かうオペラなどのファンのこれ見た演目の羅列の観劇自慢を横で聞きながらバスで会場へ。 23…
コメント:0

続きを読むread more

「なんて素敵な響きなんだろう」ルイージ指揮サイトウキネン「エウゲニーオネーギン」

(松本駅)8月20日ファビオルイージ指揮サイトウキネン「エウゲニーオネーギン」へ。公演中また停電になった。多分周辺の雷雨や落雷の性で電流不安定のためだと思うけれど、先月のびわ湖ホールに続いて2度目だと慣れたもんで。。公演は当初予定のテノールが早々に交代代役になって、その代役が体調不良でセカンドキャストの「大西宇宙さん」がオネーギンを歌う…
コメント:0

続きを読むread more

「フォークソング、指揮者セミナーの夏だより2019」

8月2日、大阪福島のザシンフォニーホールへ。ただただ熱い。手前の大きな並木で涼みながらも仕事のパソコンを触っている人が何人もいたのが今年の特徴だろうかと。コンサートは毎年京都円山野外音楽堂でやっていた宵々山コンサートの代わり的なイメージもあるけれど、今回はメインが「杉田二郎きたやまおさむを歌う」がテーマでゲストが高石ともやさん。チケ…
コメント:0

続きを読むread more

「はかない夢かさねながら」大野指揮バルセロナ管「トゥーランドット」びわ湖ホール

7月27日びわ湖ホールでのプッチーニ「トゥーランドット」へ。新国立新製作のものがびわ湖ホールに。共同制作ではなく提携公演なのだとか。27日台風が近くを通過するということで、やだなと思って電車で行かず、車で86キロ先のホールへ。 印象は、展開とか、最後にハッピーエンドにしない演出だとかはなるほどと思ったけれど、遠眼に見ると以前プロデュー…
コメント:0

続きを読むread more

「みんな同じ空の下」サイトウキネンテント村2019

(総合体育館バス停あたり、実はこの辺11月はじめの紅葉が結構美しい場所) また行ってしまった通称テント村。テントはほとんどなく、2日前から点呼の列ができて。ネット販売、アイドル指揮者が振らずが重なってはどうなるかと思ったけれど、グループ買いの人を中心に列は今年もできていた。 チケットは、ネット販売でよく売れていて、前年オペラをや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「時は5月、雨はまだ降らず」アルゲリッチ(P)小澤指揮水戸室内管弦楽団

5月28日、1部がハイドンとウエーベルン、2部がアルゲリッチさんでベートーヴェンのピアノコンチェルト2番を小澤さん指揮で。1部も2部も聞きなれた小澤さんが作ってきた音ではあると感じましたが、鮮やかさ、小澤さんが入ったからこうなったという感じはしなかったと、2部のピアノコンチェルトでは、解釈はどうとか言う前に、主張したり、色を付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイライフイズグッドトゥファーム2019④長い補足になったので

(マイライフイズグッドトゥファーム2019について補足をしていたら長くなり過ぎて④としました。写真はロイヤルシンクポーツゴルフクラブRoyal Cinque Ports Golf Club) 1.③の題名は北原白秋「野茨と鳩」の中からです。私はちょうどゴルフや競馬に憧れたと同時に憧れたフォークソングの一曲が白秋の詩を使っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイライフイズグッドトゥファーム2019③夢なら覚めたら消えてしまう

(サンドイッチ駅、つまりサッドイッチの発祥の。。) さて例年と変わらない旅が一変するのはここから。実は5月4日、5日のニューマーケットのレースが終わったあとはケンブリッジに泊まり、6日に少し早目に移動してロンドンのホテルで1泊し6日と最終日の7日で美術館観光をして帰る当初のプランだったけれど。ネットでみた「ロンドンでゴルフ」「一人でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイライフイズグッドトゥファーム2019②答えは風の中に

(5月4日2000ギニーの勝馬はマグナグレシア) さて5月4日土曜日毎年のように2000ギニーレースへ。前年、主要なロンドン近郊の競馬場にエプソム、アスコットに行って見たけれど、みんな嗜みとして競馬をやっているだけ、アスコットならアスコットファッションをして丁度京都で舞妓さんの恰好をするのと一緒で、何かしらの絵があってそれに自分たちを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイライフイズグッドトゥファーム2019①冬より寒い春だった

(ニューマーケット競馬場での名騎手レスターピゴットさんの展示から) 5月3日から4度目となるクラシックレースの2000ギニー、1000ギニーが行われるニューマーケットの5月第一週の週末へ。1週間前の天気予報では最高気温が18度、3日前予報13度、前日予報11度、そして実際は9度で、嵐のような風が吹く日にまたこの場所に戻ってきたと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「癒しをとめろ!」ファビオルイージ指揮デンマーク国立オケ「皇帝、チャイコフスキー5番」

3月14日愛知コンサートホールでのファビオルイージ指揮デンマーク国立オーケストラの演奏会、一部はニールセン序曲、ピアノ横山幸雄でベートーヴェン5番ピアノコンチェルト、2部はチャイコフスキー5番交響曲の演奏会へ、素晴らしい会でした。 見事なピアノコンチェルトの後のアンコールは、ピアノソナタ「悲愴」の2楽章、ウルッと来ました、ピア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「見上げた空は昨日より高い」沼尻指揮ワーグナーリング「ジークフリート」びわ湖ホール

3月2日3日びわ湖ホールプロデュースオペラへ。ワーグナー「リング」3作目、2夜「ジークフリート]」へ。5時間を超える上演を2日間乗り切って最初のプロデュースオペラから全日鑑賞が続いたことに。しかしまぁ疲れました。 舞台は、前作と変わらない霞幕を前置して、後ろからプロジェクションマッピングで時には動的な背景を作り、前置した霞幕に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夢を見るなら明日の夢を」びわ湖ホール声楽アンサンブル定期(バッハカンタータ等)

(ホールまで徒歩15分の膳所駅が新しくなりました、と言っても17年からですが、階段を上がるとJR駅、コンビニがあります。)  2月9日のびわ湖ホール定期演奏会、バロック音楽を取り上げて、本山指揮で。11日同じ内容で東京文化会館があり、そちらも行ってきたと。  この演目、ヴィヴァルディ、ヘンデルの楽曲と合わせて、バッハカンター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あこがれはおぼえること、おぼえていること」高石ともや年忘れコンサート2018より

2019年1月三連休になって、今日も今日とて競馬に行こうと近鉄に乗り込んだら、朱色でなく、ベージュ色の車両の近鉄電車のつり革が、それぞれいろんな長さになっていて、あーこれか!永さんが宵々山とかで言ってた、京都の地下鉄はいろんな人の体形や障害など事情に合わせるためにつり革の長さが変えてあるってと思って、銀色の京都地下鉄の車両に乗っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more